HOME >> 保険の選び方

保険の選び方

保険の選び方について
生命保険文化センターの「生活保障に関する調査」によると、日本では約80%の人が何らかの生命保険に加入していますが、「生命保険には入っているけど、もしもの時に十分な保障になっているのであろうか…?」と“不安”に感じる方もいるのではないでしょうか。

なぜでしょうか?

生命保険は、“住宅の購入の次に高い買い物”とよく言われますが、実際は、住宅を買うときほど十分に内容を検討されていなかったり、よくわからないまま契約をしてしまっていたりといったケースがあるため、自分の契約に“不安”を感じているのではないでしょうか。

保険を賢く選ぶには、まずこの“不安”を解消し、あなたにとって最適な保険を見つけることが必要です。
 「なんだかムズカシそう…。」 などと思わないでください。

生命保険は、あなたに“もしものこと”があった時に、
お金の面からあなたとあなたのご家族の生活をサポートするものです。


言い換えれば、“生命保険を選ぶ”ということは、あなたの“もしものこと”に備えるということです。
ですから、あなたの“もしものこと”をはっきりさせることができれば、賢く最適な生命保険を選ぶことができるのです。

ご一緒に考えてみてください。

たとえば、あなたにご家族がいらっしゃるとします。
もしも、あなたが病気になったとき、何が心配ですか? あなたの病気を治すために病院に行かないといけません。

病院に行けば当然治療費がかかります…
万が一、あなたが亡くなってしまえば収入が減ってしまいます。

ご家族の生活費が心配です…
こんなとき、「病院の治療費を払ってくれる保険」や「減ってしまう収入を補う保険」があったら、あなたの“もしものこと”に不安を感じなくても良いと思いませんか?

あなたとあなたのご家族の“もしものこと”が見えてくれば、あなたに最適な保険を見つけることができます。

 “もしものこと”とは、“心配事”とも言い換えられます。

たとえば、

「がんになった時にかかる高額の治療費をどうやって用意したらいいんだろう?」
「こどもを大学に行かせたいけど、学費はどうやって準備したらいいんだろう?」
「独身だから家族はいないけど、病気で入院することになったら治療費が心配だな…」

などといったこと“心配事”が見えてくれば、どのように備えたらいいのかが分かってくるのではないでしょうか。

このように考えていただければ、生命保険を選ぶことが少しはカンタンになりませんか?
あなたは“もしものこと”や“心配事”を思い浮かべるだけでいいのです。


<生命保険文化センター「生活保障に関する調査」/平成22年度>
保険の選び方
 「思い浮かんだ“心配事”にどのように備えたらいいの??」

私たちはプロの目からあなたにアドバイスをさせていただき、あなたに最適な保険を見つけるお手伝いをさせて頂いております。

 一緒にあなたの“もしものこと”や
“心配事”に備える最適な保険を見つけませんか?
保険に関するお問い合わせ
お問い合わせ
担当者による訪問を希望される高松に住まれているお客さま、いつでもご相談ください!
  • 取扱保険会社
  • お客様の声
  • 保険の選び方
  • ご契約の流れ
  • 店舗情報
  • アクセス
  • よくある質問
  • 採用情報
スタッフブログ
保険用語集
トップへ戻る